肌の老化と関係している日常生活の行動

肌の老化と関係している日常生活の行動について

 

肌,老化,関係,日常生活,行動

 

日常生活で何気なく行っている行動には、お肌の老化と深く関係しているものもあります。そこで、肌の老化と関係している日常生活の行動についてまとめてみました。

肌の老化と洗顔の関係

 

肌,老化,関係,日常生活,行動

 

シャワーで洗顔をするという人は多くいると思います。ところが、シャワー洗顔は顔のたるみの原因になることをご存知でしょうか?

 

シャワー洗顔が肌を老化させる原因

水圧

シャワーを直接顔に当てると、水圧で顔の肌が上から斜め下に向かって押され肌の角質も剥がれやすくなります。これが、肌をたるませる原因になってしまいます。また、シャワーのお湯がダイレクトに肌にあたることで、毛穴が広がってしまいます。そして、広がった毛穴もたるみの大きな原因となります。

 

温度

シャワーの温度もたるみの原因となります。通常、シャワーの水温は、体に掛かっても心地よい温度設定にしてあります。しかし、体に心地良い温度というのは、顔の肌には熱すぎるのです。

 

そのため、お湯が肌に必要な皮脂を根こそぎ取り除いてしまい、保湿成分も一緒に流されてしまうのです。その結果、顔のお肌は潤いのないカサカサ肌になってしまいます。

 

よく、食器などをお湯で洗っていると、手がカサついて荒れてしまったという経験をした人もいると思いますが、それと同じことが起きてしまうのです。そして、乾燥した肌はハリや弾力を失い、たるみを招いてしまうのです。

 

肌を老化させないためには手ですすぐ

洗顔する際は、シャワーを直接かけるのではなく、手ですくって肌に優しく当てて濯ぐようにしましょう。その際は、洗面器などに溜めた水は使用せず、シャワーか蛇口などの流水をすくうようにしましょう。

 

また、お湯の温度は、ぬるま湯か手を付けると少し冷たいと思う程度がベストです。

肌の老化とメイクの落とし方の関係

 

肌,老化,関係,日常生活,行動

 

ポイントメイク落としにはポイントリムーバーが効果的

アイメイクなどのポイントメイクをしっかりしているのに、ポイントリムーバーを使わないでクレンジングをしている人は多いようです。しかし、ポイントメイクは、粒子の細かい成分を肌に密着させていることが多いので、一般的なクレンジングでは落ちきれないことが多くあります。

 

そのため、落ちきれないからと以下のようなことをしてしまうと、肌の老化の原因になることがあります。

 

肌の老化の原因
力強く擦る

ポイントメイクが落ちにくいからと、拭きとりタイプのクレンジングクリームなどでゴシゴシと力をいれて擦りがちになりますが、お肌にかなりの負担を掛けてしまっているのです。肌を擦って刺激すると、防御反応としてメラニンが生成されます。

 

メラニンは、お肌を守る役割をする物質ですが、シミやくすみの原因にもなってしまいます。また、肌を擦ることにより角質層が傷つき、傷の隙間から水分が蒸発して乾燥しやすいお肌になることもあります。

 

強いオイルクレンジングを使用している

擦らなくても落ちるような、クレンジング力の高いオイルクレンジングを使用すると、必要な皮脂や潤いまで取り除かれてしまい肌が乾燥してしまいます。クレンジング力が強いオイルクレンジングの中には、台所洗剤よりも強力な種類もあるので注意が必要になります。

 

肌を老化させないためにはポイントリムーバーを使用する

ポイントメイクを落とす際は、必ず専用のポイントリムーバーを使用して、お肌にメイクを残さないようにしましょう。

 

使い方の手順
  1. ポイントリムーバーをコットンに適量を出す
  2. コットンを指で挟み、そっとメイクの上から抑える
  3. 数秒押さえるとメイクが馴染んで浮き上がるので、そのままそっと拭きとる

 

ポイント

  • 数秒押さえることで、落としやすくなります。
  • マスカラをしている場合は、コットンでまつげを挟み込んで数秒待ち、そっと拭き取ります。
  • とにかく力を入れずに行うことがコツです。デリケートな目元の肌に刺激を与えないように気をつけましょう。

肌の老化と油抜きダイエットの関係

 

肌,老化,関係,日常生活,行動

 

健康的なハリや潤いのある肌を作るためには、必要な栄養が欠かせません。ところが、体重を気にして極端な油抜きダイエットなどを行うと、充分な栄養が行き届かずに美容を損ねる結果となることがあります。

 

特に、脂質は悪者にされがちですが、細胞膜の主要な構成要素の一つでもあります。また、ホルモンを作る材料にもなるなど、人体を維持するのに欠かせない栄養素です。

 

油抜きダイエットで脂質が不足すると

油抜きダイエットで脂質が不足してしまうと、ホルモンバランスの乱れから肌荒れやニキビができやすくなったり、腸の細胞膜が硬くなって便秘を招いたりする結果となります。便秘になってしまうと、毒素や老廃物が排出されずに体内に溜まるので、お肌に悪影響を与えてしまいます。

 

また、肌のバリア機能も低下して外部からの刺激に弱くなり、肌トラブルを起こすようにもなります。

 

油抜きダイエットのポイント

油には、体に良い不飽和脂肪酸と体にあまり良くない飽和脂肪酸があります。なので、油抜きダイエットにチャレンジする場合は闇雲に油を制限するのではなく、飽和脂肪酸の摂取を控えて不飽和脂肪酸を摂取するようにすると良いでしょう。

 

参考までに、下記が飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸を含む食品になります。

 

控えた方が良い飽和脂肪酸を含む食品
  • バター(無塩含む)
  • 牛脂
  • ラード
  • マーガリン
  • 生クリーム
  • チーズ
  • ショートニング
  • ホイップクリーム
  • クリームチーズ
  • 鶏皮
  • サーロイン牛肉
  • 和牛リブロース
  • ココナッツミルク
  • コーヒー用粉ミルク

 

積極的に摂取して良い不飽和脂肪酸を含む食品
  • えごま油
  • オリーブオイル
  • なたね油
  • 鯖(さば)
  • 鰯(いわし)
  • 鰤(ぶり)
  • 鮪(まぐろ)
  • 鯵(あじ)
  • 秋刀魚(さんま)
  • 鰻(うなぎ)
  • アンコウの肝
  • マカダミアナッツ
  • アーモンド
  • ピスタチオ
  • カシューナッツ
  • 落花生(らっかせい)
  • ピーナッツ
  • 松の実
  • 牛肉
  • サラミ
  • ベーコン

肌の老化と睡眠の関係

 

肌,老化,関係,日常生活,行動

 

美容液やクリームなど、スキンケア用品にお金を掛けて良いものを使っていても、短い睡眠時間では間違いなくボロボロの肌になってしまいます。以下がその理由になります。

 

ターンオーバーは睡眠中に活発に行われる

新しい皮膚に生まれ変わるためのターンオーバーは、睡眠中に活発に行われます。その理由は、お肌と血液循環が深く関係しており、ターンオーバーには血液の循環が必要不可欠になります。

 

日中は、脳や内臓に血液が集中し、肌が回復や代謝されるための血液は不足しています。そして、睡眠中はお肌へも血液が十分に循環され、傷ついたり古くなったお肌が修復されるのです。

 

しかし、その睡眠時間が不足してしまうとターンオーバーが間に合わず、ガサガサな老化した肌になってしまうのです。また、スキンケア用品などの美容成分は、ボロボロの肌では吸収されにくくなるので、せっかくの効果が薄れてしまいます。

 

お肌のためには6時間の睡眠を心がける

お肌の再生のために必要な睡眠時間は、1日5〜6時間が最低のラインとされています。なので、最低6時間は寝るように心掛け、時間に余裕のある方は7時間ほど睡眠を取るのがオススメです。

DUOザエッセンスセラム導入美容液の通販購入はこちら!トップページへ年齢よりも老けた顔がコンプレックスの方、目尻や口元のたるみが気になる方は、トップページでDUOザエッセンスセラム導入美容液の詳細をチェックしてみてください。