皮膚を老化させる原因と対策

皮膚を老化させる原因と対策について

皮膚,老化,原因,対策

 

人間の皮膚は、様々な外的なダメージやストレスにより、老化が進行してしまいます。そこで、皮膚を老化させる原因と対策について紹介してみます。

紫外線による皮膚の光老化

皮膚,老化,原因,対策

 

お肌の老化の約8割は、紫外線によるダメージだと言われています。紫外線が肌に当たることで活性酸素を増やしてしまい、酸化ストレスにより老化の進行が高まることで、肌の老化が起こりやすくなります。

 

紫外線は1年中肌に降り注ぐ

紫外線は、1年を通して肌に降り注いでいますが、夏場は紫外線量がグッと増えやすくなるので、一年を通して紫外線対策はきちんと行うことが重要になります。特に夏場は、汗で日焼け止めなどが取れやすくなってしまうので、こまめに塗り直しをすることが重要になります。

 

また、最近では、目から紫外線が入ることによって皮膚への影響があることが医学的にも判明しています。

 

目の周辺の皮膚は特に老化対策が必要

なので、日焼け止めだけではなく、サングラスなどのUVカットが行えるアイテムを併用すると、顔全体の肌ダメージを抑えることが出来るようになります。特に、目の周りは皮膚が薄いので、他の部位に比べて老化が進行すると、シワやシミが出来やすくなる特徴があります。

 

また、紫外線を直接浴びてしまうと、肌内部にメラニン色素が蓄積してしまい、どんどんシミやそばかすが増えてしまいます。それを放置するとシミが大きく濃くなってしまうので、シミやそばかすが目立ってきたら、悪化する前に早めに対策を行う必要が出てきます。

皮膚の乾燥による老化

皮膚,老化,原因,対策

 

お肌の老化は、加齢によって皮膚の乾燥が進行することも原因の1つとされています。皮膚は、皮脂膜と表皮細胞に含まれる細胞間脂質や、血管から分泌されるアミノ酸などから生成される「天然保湿因子(てんねんほしついんし)」で保護されていることで、皮膚内部の水分が維持されています。

 

しかし、この水分量を保持している3つの成分が1つでも不足してしまうと、肌の水分が維持できなくなってしまいます。

 

皮膚の乾燥対策が必要

女性は20歳を超えると、体の女性ホルモン量が減少し、皮膚から分泌される皮脂が減りやすくなります。それが原因で、肌表面の水分の蒸発を防ぐことができなくなり、肌が乾燥してしまいます。

 

そのため、年齢を重ねたら不足している皮脂を補うためにも、顔専用の保湿クリームを顔だけではなく首周りやデコルテなどにも使用するなど、潤い成分を補給して潤いを持続することが出来ます。

 

特にお風呂に入った後などは、熱いお湯で体全体の皮脂が洗い流されてしまうので、お風呂上がりは通常よりも体全体の皮膚が乾燥しやすくなってしまいます。そのため、乾燥を防ぐためにも、すぐに顔にはスキンケアローションを塗ってから保湿クリームを塗る必要があります。

 

また、、体にはボディローションやミルクを塗ってから、乾燥の気になる部位を中心にボディクリームを塗ることをおすすめします。

皮膚のエイジング酵素による老化

皮膚,老化,原因,対策

 

肌の老化は、エイジング酵素にも原因があります。表皮のエイジング酵素とは、紫外線や乾燥などの外的に受けるストレスが原因で発生する特徴があり、表皮と真皮の間にある基底膜にダメージを与えてしまいます。

 

常にこのダメージを表皮細胞を受けていると、表皮細胞が不調になってしまったり、真皮機能の低下を引き起こしてしまうことがあります。それにより、皮膚本来のハリと弾力を低下させてしまう危険があります。

 

皮膚にハリと弾力がなくなってしまうと、肌のふっくらとした印象が無くなり、見た目も老けた印象を周りに与えてしまいます。そして、何より皮膚のシワやたるみ、乾燥、毛穴のつまりなど様々な肌トラブルを併発してしまいます。

 

エイジング酵素を作らせない対策

なので、普段から外出する際だけではなく、屋内でも紫外線対策が行えるスキンケア化粧品を導入するようにすると、自宅にいる間でも外的な刺激を減らすことが出来るので安心です。

 

紫外線によるダメージを受けた肌は、光老化を引き起こしています。なので、健康のために外でスポーツを行っている方や室内で紫外線に当たりやすい場所にいる時間が多いという方は、UV効果の高い日焼け止めを塗る方法もあります。

 

しかし、洗顔を行う際には、肌に日焼け止めが残らないようにアフターケアを行うことも、肌を綺麗に保つために必要となります。

活性酸素による皮膚の酸化

皮膚,老化,原因,対策

 

肌にシミやシワが増えたなどの体に起こる老化現象は、体の細胞を破壊する活性酸素により、酸化の活動が活発になることで起こります。人間の体内では、酸素を利用して代謝が行われ、その過程で活性酸素という物質が自然に生まれます。

 

年齢が若いうちは、抗酸化物質の働きにより、活性酸素の攻撃から体を守ってくれます。しかし、年齢を重ねたり不摂生した生活を続けていると、体の抗酸化機能が低下しやすくなってしまいます。

 

それにより、体の健康な細胞が活性酸素からどんどんダメージを受けて壊されてしまうことで、体全体の老化が進行してしまうのです。

 

活性酸素を抑えて皮膚の老化させないために

活性酸素が出来る原因は、下記の外部からの刺激も原因となっております。

 

  • 紫外線
  • 大気汚染
  • 電磁波
  • 喫煙
  • 加齢
  • 過度なスポーツ
  • ストレス
  • アルコールの飲み過ぎ
  • 食生活の乱れ

 

活性酸素はこれらの様々な原因で作られますが、喫煙や過度なスポーツは、自分自身で喫煙量を減らしたり、スポーツの運動量を抑えることは十分に可能です。また、ストレスは、自分の趣味の時間を作って溜め込まないように気をつけるなど、生活習慣を見直すだけでも活性酸素の量を減らすことが可能です。

 

さらに、抗酸化に期待できる成分は普段の食生活で補うことが可能です。下記の成分や食材を取り入れた栄養素のバランスを考えると、年齢を重ねても活性酸素を抑えることが出来ます。

 

抗酸化に期待できる成分
ミネラル
  • 亜鉛
  • セレン

 

ビタミン
  • ビタミンA(βカロテン)
  • ビタミンC
  • ビタミンE

 

フィトケミカル

フィトケミカルは、植物の色素や香り、アクなどから発見された物質で、抗酸化作用や免疫力のアップにも効果が期待できます。

 

  • リコピン
  • ペクチン
  • イソフラボン
  • セサミン
  • カテキン
  • ポリフェノール
  • カロテノイド

 

抗酸化に期待できる食品
緑黄色野菜

ニンジンなどの緑黄色野菜には、βカロテンが豊富に含まれています。βカロテンは、ビタミンAに変化もしますが、どちらも抗酸化作用が高いとされています。また、油と一緒に摂取することで吸収率もアップします。

 

緑茶・ルイボスティー

緑茶には、ビタミン類やカテキンが多く含まれています。そして、ルイボスティーはノンカフェインで、さらに抗酸化作用が高いフラボノイドが豊富です。

 

ゴマ

ごまには、抗酸化物質であるゴマリグナンやサセミン、セサミノールにより強力に酸化を抑制してくれます。また、ビタミンEと一緒に摂取されると効果アップが期待できます。

 

ベリー系

ブルーベリーやイチゴ、ラズベリーなどには、ポリフェノールの一種であるアントシアニンやケルセチンが豊富に含まれています。また、ケルセチンはビタミンCを助け、その相乗効果により高い抗酸化に期待できます。

 

大豆

大豆製品は、脂質の酸化を抑制するサポニンと強力な抗酸化力があるイソフラボンが含まれています。また、女性ホルモンと似た働きを持つエストロゲンにより、美容効果も期待できます。

DUOザエッセンスセラム導入美容液の通販購入はこちら!トップページへ目尻や口元の弛みがコンプレックスの方、乾燥やくすみ・シワが気になる方は、トップページでDUOザエッセンスセラム導入美容液の詳細をチェックしてみてください。